VWとAmazon、自動車業界向けクラウドで戦略的パートナーシップの合意へ。


3月27日20時20分更新:VWが正式にプレスリリースで、自動車産業用クラウド開発を発表しました。

VW、AWSで自動車産業クラウドの開発を正式に発表。


ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)とアマゾンが、自動車業界向けクラウドで戦略的パートーナーシップを近く結ぶと、ドイツの新聞Sueddeutscheが第一報を伝えています。詳細については近く公表される見込みです。

フォルクスワーゲンは、自動車メーカーの工場での生産性を向上させる上で、アマゾンが重要な役割を果たすと考えているようです。

VWのヘルベルト・ディースCEOは、世界の工場の生産性を2025年までに2018年比で30%向上させると目標を掲げています。VWはアウディ、ランボルギーニなど傘下のVWブランドを含めると、世界中に122の工場を保有していますが、Sueddeutscheによれば工場の生産性向上のためには、世界の工場・倉庫のデータを集約して処理するためのクラウドと、Amazonがネットビジネスで活用しているシステム・商品管理・倉庫管理・ネットワークのノウハウが必要と述べています。

ヘルベルト・ディースCEOは先日LinkedInで、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOとの2ショットを公開しました。2人は「産業用クラウド」の一種の戦略的パートナーシップについて話し合ったと見られ、その詳細はまもなく発表される予定とのことです。

タグ: