Google、3月19日にもゲームストリーミング・サービスを発表か。

更新情報: 米国現地時間の3月19日、グーグルがゲーム・ストリーミング・サービスを発表しました。詳細はこちら

グーグル、新ゲームプラットフォームStadiaを2019年内に欧米で販売。


—–

グーグルが「ゲーム版ネットフリックス」とよばれるサービスを開始する予定です。

サンフランシスコで開催されるGame Developers Conference(GDC)で、グーグルはプレゼンテーションを行い、ゲームのストリーミングサービス(開発コード名Yeti)を発表すると見られています。

ゲーム版ネットフリックスとも称されるこのサービスに加入すれば、毎月一定額を支払うことでグーグルのサーバー上のゲームを好きな時に、好きなだけダウンロードして楽しめるようになります。

大きなゲーム機を買う時代の終わりか

今まで、ゲームを楽しむためには、PlayStation 4やXbox Oneなどの数万円のゲーム機を購入した上で、ゲームソフトを購入するか、ゲームソフトのデータを数十分から数時間かけてダウンロードする必要がありました。

グーグルのゲーム・ストリーミングサービスでは、ゲームデータをプレイしながらダウンロードし、PCやスマホ、テレビなどの既存のモニタでゲーム画面を表示できるようになると見られています。

またグーグルは、プレイステーションのコントローラーのように両手で握るタイプのゲームコントローラーの特許も出願しており、これが今回のストリーミング・サービスで使用するハードウェアになると予想されています。特許によると、コントローラーはテレビモニタやタブレット、スマートフォンなどからどの画面でゲームを起動するか選ぶことができる模様です。

記事トップのゲーム・コントローラーの写真は特許の図をもとに、YANKO DESIGNが完成予想図を作成したものです。

Googleはデジタル広告でフェイスブックと共に市場シェアを独占していますが、今後5G、Wi-Fi6でネット環境が高速化する時代の流れに合わせてゲームストリーミングにも参入し、ここでもシェアを伸ばせるか注目です。


NEWS CARAVANの視点:今後、激化するゲームストリーミング・サービス


ゲームストリーミングサービスは、今後間違いなく大手IT企業が続々と参入を表明し、競争が激化する分野です。例えば、既にマイクロソフトは2018年にゲームストリーミング「Project xCloud」を正式に発表している他、またアマゾンとアップルも参入が噂されています。

動画ストリーミングサービスは、ネットフリックス、アマゾン、ディズニー、アップルが競い合っていますが、自社のサービスを選んでくれるための差別化ポイントとして映画・ドラマのオリジナル・コンテンツを作り続けているように、ゲームストリーミングでも多額の費用をかけてオリジナルゲームを作る流れになるでしょう。

ゲームのコンテンツについては、長年ゲーム機のXBOXを展開しているマイクロソフトはやや有利な位置にいると思われます。