Google次世代スマホOSが折りたたみ端末に対応。シームレスな画面開閉を実現。

Googleは年次イベントの”Google I/O 2019″で、Android OS最新版Android Qの詳細を紹介しました。

Android Qは、高速で低遅延な次世代の通信規格の5Gに対応するだけでなく、折りたたみスマホに対応しています。折りたたみスマホで広くなった画面を活用して1画面での複数アプリの同時展開を実現しているのはもちろんのこと、開閉前後でサイズが代わる画面に対して、ユーザが違和感なくアプリの操作を続けられるように設計されています。

百聞は一見にしかず。次の動画でスマホ画面の開閉時にシームレスにアプリ画面が変化する様子をご覧ください。

Googleは、折りたたみスマホのOSを設計するに辺り、数年前から多くのスマホメーカーと協議を重ねてきたと言います。上記のシームレスなアプリ画面はアンドロイドのOSのレベルで実現でき、アプリ開発者が独自に作り込まなくても折りたたみ動作が実現可能な開発者に嬉しい仕様になっています。

シームレスはスクリーンは、ユーザのスマホ体験を豊かにすることに一役買いそうです。