シンガポール・マリーナベイサンズ、大規模開発を発表。新豪華ホテルと最新鋭アリーナを建設へ。

Image:Las Vegas Sands

シンガポールの観光スポットして注目を集めているマリーナ・ベイサンズを運営するラスベガス・サンズ社は4月3日、新ホテル棟とアリーナの建設を含む大規模な開発計画を発表しました。

現在のマリーナベイ・サンズに隣接する形で、全室スイート・ルームの1000部屋を超える豪華なホテルタワー、15,000席を完備した最先端のアリーナ、そして新たなMICE施設(Meeting:会議, Incentive:研修、Convention:国際会議, Exhibition:展示会を行う施設)の建設が予定されています。

マリーナベイサンズに隣接して建設予定の最新設備を備えたアリーナ

現時点の開発費は約3500億円で、完成予定時期はまだ未定です。

ラスベガス・サンズ会長兼CEOのシェルドン・G・アデルソンは建設するアリーナについて、「最先端のデザインとテクノロジーでアジア諸国をはじめ、世界各国のトップエンターテイナーを呼び込むことが可能」と自信をのぞかせています。

また、新ホテル棟についても「約1000室を完備するホテルタワーでは、東南アジアにおけるラグジュアリーのスタンダードを一新する」と世界トップクラスのホテルを計画しており、「屋上にはスカイルーフのプールと有名レストランが建設予定」だとしてと、インフィニティープールと呼ばれる空とつながってように見える屋上プールで人気を博した、現在のマリーナベイサンズと似たプールの建設を示唆しました。