BCG、イノベーション企業ランキング2019。1位はグーグル、日本最上位はドコモ36位。

企業の経営層を中心にコンサルティング・サービスを展開するBCG(ボストンコンサルティンググループ)は、2019年版のイノベーション企業ランキング トップ50を発表しました。

昨年まで13年間首位を守ったアップルは3位に後退し、1位はグーグル(および親会社のアルファベット)、2位にアマゾンがランクインしました。また、日本企業での最上位は36位NTTドコモ、続く37位にトヨタが入りました。しかし、2018年同ランキングの17位トヨタ、32位 NTTドコモ、37位日産に比べると、いずれの企業もランクダウンしています。

2019年版のBCGのレポートのサブタイトルに「THE RISE OF AI,PLATFORMS, AND ECOSYSTEMS(人工知能、プラットフォーム、エコシステムの出現)」とあるように、イノベーションのトップ企業の多くの共通点として、人工知能を駆使しているか、プラットフォームを構築して、自社サービスだけでなく第3者企業も巻き込んだサービスを展開するエコシステムを形成しているか、またその両方の特長が見られたとしています。

詳細のレポート(英語版)は3月21日に、BCG公式サイトでリリースされています。

BCGは世界各国の様々な業種の経営層を対象に、イノベーションに優れた企業や自社のイノベーションへの取り組みについて訊ねた調査を行い、毎年ランキングを作成しています。

2019年順位 会社名
1 グーグル(Alphabet)
2 アマゾン
3 アップル
4 マイクロソフト
5 サムスン
6 ネットフリックス
7 IBM
8 フェイスブック
9 テスラ
10 アディダス
11 ボーイング
12 BASF
13 Tモバイル
14 ジョンソン&ジョンソン
15 ダウデュポン
16 シーメンス
17 シスコシステムズ
18 LG電子
19 バーレ
20 JPモルガン・チェース
21 マクドナルド
22 マリオット
23 アリババ
24 バイエルン
25 AT&T
26 アリアンツ
27 BMW
28 SAP
29 フィリップス
30 ロイヤル・ダッチ・シェル
31 AXA
32 ユニリーバ
33 セールスフォース
34 ファイザー
35 ストライカー
36 NTT Docomo
37 トヨタ
38 フォルクスワーゲン
39 3M
40 GM
41 デル
42 ウォールマート
43 eBay
44 HP
45 ING
46 BP
47 ダイムラー
48 ファーウェイ
40 リオ・ティント
50 ヒルトン