米グーグル、Google HomeでYouTube Musicの無料プランを提供へ。

2019年4月18日、Googleは、音楽配信サービスYoutube MusicをGoogle Assistant搭載のスピーカーで無料で提供するプランを開始すると発表しました。新しく提供されるプランは広告付きの音楽配信サービスでプレミアムプランに比べて機能が制限されるものの、ユーザは無料で音楽配信サービスを利用可能になります。

もともと広告付きプランで音楽配信サービスのユーザを拡大させたSpotifyや、先日同様のサービスを発表したAmazonに追随する形で、Googleも広告付きのプランを提供することになります。

発表日の4月18日から日本を含めた、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、イギリス、アイルランド、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、オーストラリアで無料の広告付きYouTubeミュージックをGoogle Home経由で視聴できます。

有料のプレミアム版と違い、無料版では広告が配信される他、アルバム・プレイリスト・アーティストの指定ができない他、次の曲へのスキップの回数の制限、リプレイができない制限があります。

月額9.99ドルで有料のYoutube Music Premiumに登録することで、制限を解除して音楽ストリーミングを楽しむことができます。


参考記事:米国でのApple Musicの有料会員数、Spotifyを上回る。